塾をスタートするにあたって。

塾の話

自分の子供たちを通わせたいと思える塾

塾を始めるにあたり、一番に思うことはこれ。

自分の子供たちが通ってもいいなと思える塾にしたい。

具体的には、

① その子の可能性をつぶさない。

② いいところをのばしてくれる。

③ 楽しく通える。

④ 勉強するしかない環境が整っている。

けっこういっぱいあった。

普段の生活で意識しているのは、価値観を押し付けないということ。

人それぞれ考えを持っているので、頭ごなしには言いたくない。

まずはその人の意見をしっかり聞いて受け入れる。

そのうえで、こうしたほうがいいんじゃないという選択肢を提示してあげる。

選ぶのは本人。

(自分の子供には頭ごなしに言っちゃったりすることもあります。反省。)

成績が伸びる生徒はたいてい素直に提案を受け入れてくれる。

受け入れてくれない生徒はそのまま見守る。

失敗して気付くこともあるので、長い目でみてあげたい。

自分で動いて学力を手に入れようとしなければ、なかなか手に入らないと思うのです。

少しずつでも、自分で考えて行動できるようになってもらうような働きかけをしていきたいです。

学習環境についても、常に改良を加えていきたいです。

おかげさまで、今の塾生たちは黙々と勉強に取り組んでくれているので、教室はかなり静かです。

ボクが静寂をいつも打ち砕いているかんじです。

(邪魔してるだけ?)

調べものがあるときにすぐ手に取れるように本棚を充実していき、タブレットなどもいつでも使えるようにしておきます。

今日もよくわからない文章になってしまいましたが、こういう人間が教えているんだとわかっていただければと思います。

どんな人が教えてくれるかよくわからないまま塾に行くよりは、いろいろさらけ出していくので、そのうえで判断してもらえればよいかと思います。