「当たり前」のレベルが上がる。

塾の話

前回の期末テストで、初めて5教科450点を超えた塾生。

今回の課題テストでも450点を超えた模様。

おめでとう!

 

 

一度でも達成してしまうと

到達方法がわかる

学校でも塾でも、「こうすればできるようになる」と教えてもらっているはず。

「こうすれば」の部分が学校や塾によって違うんだろうけど、みんなアドバイスをもらっているはず。

それを、アドバイス通りに実践するかどうか、さらに自分なりに改良してやれるかどうかなんじゃないでしょうか。

一度達成できると、二度目はもう少し楽に到達できます。

知ってる道のりなので。

 

自信につながる

アドバイスをもらって、実践していても結果がなかなか伴わなければ、続けるのもしんどいし自信も持てないと思います。

本当に正しく実践できているのかを一番に疑ってほしいですが、正しく頑張れていても結果がなかなかついてこないこともあります。

その時期にあきらめずに続けていくことで、すこしづつでも結果が伴ってくる時期が来ます。

そうして、目標が達成されればかなりの自信がつくでしょう。

 

さぼれない

そこまで到達できるという事実を作ってしまうと、さぼったときにすぐばれます。

自分で目標をたてて、それを達成できるような人はさぼることはないでしょう。

さぼらなかったから目標を達成できたわけで。

でも、最終目標を「合格」とかにしてしまうとその後頑張れなくなる可能性が大なので、中学・高校・大学入試は通過点と考えてもらえるとうれしいです。

 

 

 

まとめ

なんでもはじめから「無理!」と決めつけず、がんばってみるといいとおもうよ。

 

マラソンの高地トレーニングみたいなものだと思うと、慣れるまでは大変かもしれない・・・

慣れてしまえば、さらに上に行けるんだろうけど。