2019年9月以降に入塾される場合、授業料が変更になります

子供たちの可能性を過少評価しすぎないで。

塾の話

「うちの子には無理」と決めつけないで

「うちの子には無理」→「うちの子にもできるかも」とちょっとだけでいいので信じてほしい。

最近、自分の子供の可能性を限定しすぎているんじゃないかと思う言葉がちらほら聞かれたので思うところを書いてみます。

もう少し、子供の可能性を信じてあげてもいいんじゃないかなと。

塾に来て、家では見せないかもしれないすごく頑張っている様子をしょっちゅう見ているので余計にそう思うのかもしれません。

子供たち、思っている以上にやりますよ。

ただ何となく勉強しているだけだった生徒でも、自分で課題を見つけて、改善する努力をするようになっていきます。

授業中ずっと「早く終われ」と思っているような生徒でも変わる姿を見てきました。

いつスイッチを入れるのかはいまだにわかりませんが、何かしらのタイミングで自分でスイッチを押すんです。

突然、学習に対する心構えが変わるんです。

こういう成長が見られるのでこの仕事は楽しいです。

ずっと見続けてきた我が子のことは何でも知ってると思ってしまうとかもしれませんが、まだまだ可能性を秘めているはずです。

子供の限界を親が決めずに、伸ばせるだけ伸ばしてあげたいところです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました