お母さんは勉強を教えないで

塾の話

タイトルは強烈ですが

この本で言いたいことは、「お母さん、前のめりにならないで」くらいじゃないかと。

「できる」だけを追求しすぎると、困ったことになりますよと。

「わかる」を大切にしましょうと。

教える側からすると、結構あるあるなので面白く読んでしまいました。

教室ではよく「知ってることに落とし込む」みたいな話はする。

高校生には中学生でも解けるとか小学生の知識でかんがえてとか、中学生にも小学生でも解けるややでとかは話したりします。

小学生にもわかるように説明してともよく言っている気がします。

この本では「引き出し教育」という言葉を使っていましたね。

そうか~引き出してくるのか~。

そもそも引き出してくるものがなかったら~と、天邪鬼な僕はおもったり。

「知ってる知識を引き出してくる」練習は必要。

「知識を増やす」ことも必要。

面白くない答えだけど、バランスが大事だと思うのです。

面白い本だったので、オヨメにも紹介しておきました。

まだ読んでいないようですが。

読み終わったら、教室に置いておきます。

塾生たちも読んでみてね。

 

 

結論

大きいタンスをつくって、引き出しにいっぱい詰め込んで、ちょくちょく何が入っているか確認しよう。